顎関節症でマウスピースをしても良くならない場合

顎関節症を治そう打と思った時、最初に検索するのは「顎関節症 歯医者」となるらしい。

昨日来院した24歳の女性もやはり歯医者で検索して、マウスピースを作ったらしい。

しかし、いつまで経っても治らない。

そのうちカラオケや硬いものを食べた翌日、歯ぎしり噛みしめをした翌朝、痛みが発生して口を開けるのもできなくなる。

当院ではまず全身調整の治療を行います。

彼女の場合は、強い前傾姿勢がありました。

その姿勢にして口を開いてもらうと「あっ開く」の第一声。

「えーーーーーっ」という第二声を頂きました。(笑)

 

良い姿勢にしていると口が開くわけではなく、逆に楽な姿勢にすると口開くようになります。そのまま寝て頂き全身治療になりますが、この段階で開かない口が開くことは確実に読むことができます。

結果、治療の途中の段階で開けることは確保。

これでお寿司は食べられるわけですが、違和感は残ると。

この違和感の多くは炎症です。痛い中、どうしても動かすことになります。食べたり、話したり、気になるから動かしたり、、、、すると無理が起こり炎症が発生します。

すると顎関節が緩むことになり、ピタッと関節の整復ができなくなります。

どちらにしても、数回は固定するまでに必要なのですが、、、

多くの方に「4-6回で終わりますよ」というとビックリします。

今まで半年以上マウスピースをしていましたからね。

一度、「顎関節症 整骨院」で検索をしてみてください。

近所に良い整骨院があるかもしれませんし、私が指導した治療院もあるかもしれませんので。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
バランス整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel048-487-5929

Tel048-487-5929
タップして電話する

埼玉県志木市館2丁目7-2 ぺあもーる1階
東武東上線 柳瀬川駅西口徒歩1分

ページトップへ戻る