プロフィール

総院長 花谷博幸ストーリー

を五体満足に生んでくれた両親に感謝します。私がこうして日々楽しくエキサイティングな人生を歩めるのも、両親が私を健康的に育ててくれたことだと思っています。私は2750g仮死状態で生まれました。母は妊娠中にドクターより「危ない」と宣告されていたそうです。

hh_prof01私がこの仕事に就くことになったのは学生時代陸上競技をしていた事に由来します。その頃はケガが絶えなく富士見市内の接骨院や整形外科によく通っていました。特に勝瀬中学校時代は記録も出ず、悩み多き少年時代でしたが、高校に入ると身長も体力も向上し、記録も順位も上がり、友人も多く、青春時代を謳歌していました。

高校時代、父に連れられ都内の治療院に行き、師匠と出会いました。最終的にこの仕事への決心はその師匠に対する憧れからでした。

hh_prof02その後、ある縁で中国に中国医学を学ぶため3年間行く事になり、山西省という埼玉県との姉妹都市に留学。留学して半年後には病院内研修という日本人の全くいない環境に置かれ臨床学習を行いました。言葉も解らない状態から担当患者を持つまで、あの3年間は本当に勉強しましたし、貴重な時間でした。特に鍼灸、漢方、最後は心臓まで中国でも最高峰の先生方とマンツーマンで研修できた事は今も大いに役立っています。

帰国して鍼灸専門学校に3年間、国家資格も一発合格して鍼灸師となりました。実は学生の頃から開業はしており、今でもその頃からの患者さんに私は育ててもらっています。

99年、3回目に移転した治療院で、移転2カ月目に火事が階下から起こり、治療院は全て煙でいぶされ長期休業に追い込まれしました。あの時、消防士に「貴重品を持ち帰ってください」と言われ、私は現金とカルテ、妻は入り口にあったスリッパを持ち帰ったのです。なぜスリッパだったかと言えば、彼女が初めてのテナントの治療院作りの際、最後まで悩んでいたのがスリッパ選びだったからでした。

hh_prof03 hh_prof04

どんな不幸も過ぎれば伝説となるものです。最近ではセミナーネタの鉄板です。

開業当初の約7年間は患者さんが本当に来ない、たった一人の貧乏治療院でした。それでも自分を信じ、師に学び、技術や人間力の研鑽をし、帰国後は月20冊読書とアイデア夢ノート(現在57冊)の継続をノルマとして行ってきたことが今の発展につながっています。

2003年、治療院運営が安定すると、全国のプロの治療家、院長先生に対して経営や治療術を指導する研究会を立ち上げ、現在治療業界で最も大きい研究会を主宰するようにまでなりました。(想像つかないと思いますが・・)そのため全国各地で学習意欲の高い院長達に既にのべ数万人へのセミナーを年間20本ペースで主催しております。書籍の出版も6冊でき、お陰様で業界ではバイブル書籍としてその存在を維持しています。

hh_prof06 hh_prof05

hh_prof072012年、小さな夢を達成しました。私が20代の頃よくナップザック1個で歩き回ったアジア大陸。特に長男が生まれた時に決めた夢。それはインドを二人で旅をすること。やっと小学校高学年になり、あの頃同様に二人で世界最貧困スラムを歩いてきました。強烈な体験として彼に世界を見せることができ、旅のスキルこそが生きるスキルだと教えてきました。また先ですが、次は次男です。

2013年、20年営んできたみずほ台のバランス研究所を閉じ、今まで分院であった柳瀬川にあるバランス整骨院にて診療をすることになりました。葛藤がなかったわけではありませんが、次に進むために決断をしました。

業して20年を過ぎ、いつの間にかスタッフも増え、はただ、業界をリードし、義のある後進を育成し、夢を語れる男になれるよう行動し続けることだと思っています。そのためにも自分の活動の中心である、このバランス整骨院は試行錯誤を繰り返しながら、業界でリスペクトされる治療院にしていきたいと思っています。
チームバランスは、日本トップレベルの治療とサービスの提供と、気楽に通える明るく笑いのあるフレンドリーな治療院を目指します。柳瀬川のこの地に、街のオアシスとして存在できることを目指していきます。

どうぞ今後とも末永くご愛顧よろしくお願いします。

チームバランス代表 花谷博幸story17

 

 

院長 下田聖也ストーリー

下田プロフィール初めまして、茨城県竜ケ崎市出身の下田聖也(せいや)です。
私は、兄と二人兄弟の次男として生まれました。小さい頃はおとなしくて、病弱。ピアノを習ったり女の子と一緒におままごと遊びをするような子供でした。小学校2年生では道路への飛び出しにより交通事故に遭い九死に一生を得ましたが、足の骨を折り、中学一年生のときは「血小板減少性紫斑病」という血が止まらなくなる病気を患い、何度も生と死の間を行き来しました。
5歳のとき両親が離婚。兄と二人で母親についていきました。私たち兄弟を必死に育ててくれた母親の姿、お世辞にも裕福とは言えない生活でしたが、自分のことよりもまず、私たち息子達のことを優先してくれたことを覚えていて、とても感謝しています。
下田プロフィールそして、縁あって整骨院を開業している現在の父親と巡り合うことができ、長野県の飯田市というところで青春時代を過ごしました。小学校に上がる前から、兄の影響で野球や剣道、格闘技などいろいろなスポーツに慣れ親しみました。野球ではピッチャーをやらせてもらっていましたが、度重なるケガに見舞われて、そのたびに父親の整骨院で治療させてもらってました。マッサージをしてテーピングを巻いてもらって…今思うと本当に偉大な父親の姿がそこにありました。しかし、当時は、まさか父親と同じ仕事をするなんて思いもしていなかったです。高校時代は、ロックな生き方に感化され、音楽(バンド活動)に目覚めて四六時中ギターをかき鳴らしていました。金髪で派手な服装を身にまとい、外を出歩いていたので家族にはとても迷惑をかけました。

卒業後は、両親の反対を押し切り、群馬県にある全国食肉専門学校へ入学し、卒業後は名古屋のデパートに就職しました。半ば家出のような形で生活をしていましたが、とても充実した毎日でした。
しかし、3年目の冬、大きなケガをしてしまい、あえなく退職。とてもやりがいのある仕事で将来を見据えていた仕事ができなくなり、人生最大の失意のドン底にいました。そんな時に父親から、「整骨院をやってみたら?」と電話をもらい、話を聞けば聞くほど興味が湧き、人に喜んでもらうとても良い仕事だと思い、一生をかけてプロの治療家になろうと一念発起し、父親の母校でもある名門、東京柔道整復専門学校へ入学しました。

下田プロフィール国家試験に合格し卒業後、千葉県にある接骨院に勤務しました。将来は父親のように治療院を開業したいと、勉強していく中で、自分をもっと高めようと思い父親に相談したところ、父も学ぶ業界トップの花谷先生の下で修行してみたらどうか。との提案があり、まず花谷先生が主宰する12万円の高額セミナーに応募しました。とても安いとは言えない金額でしたが、人生を変えるためにお金をかき集めて、たくさん予習をしてセミナーに参加。当日は、私から「握手してください」の一言からでした。治療業界の大スターに出会えた私の興奮は並大抵のものではなく、その場で、花谷先生の下で修行させてもらえないかと直談判しこの度、バランスへ入社させていただくこととなりました。強い思いを持って治療家という職業を選びましたが、私が感じてきた、両親へのたくさんの恩を返せるよう、バランス整骨院で仕事をさせていただき、皆様に喜んでもらえるよう精一杯尽力いたします!どうか宜しくお願いいたします。

下田 聖也story17

 

副院長 上原隼斗ストーリー

上原プロフィール初めまして、千葉県出身の上原隼斗(うえはらはやと)です。私は弟と妹との3人兄弟の長男として育ちました。千葉県市原市で生まれ、父の仕事の関係で10才の頃に千葉県市川市に引っ越しずっと住んでいました。
幼い頃からかなりの食いしん坊で、小学生の頃には、沖縄出身の父の実家で沖縄そばを大盛りで3杯も食べ切るお腹の大きな少年でした。市川市のちびっこ相撲では100人近い個人戦の中で優勝。
その後、ダイエット目的で小学校4年生からサッカー部に転向。ポジションは表面積が大きい理由でゴールキーパーに決まり、部活動に明け暮れる日々が始まりました。
高校入学後は、一年生からレギュラーチームでゴールを守らせて頂き、チームメンバーにも恵まれ、強豪の多い千葉県内でベスト16位に入ることができました。同時に、軽音部でバンドを組み、校内のライブでは何度もトリを飾り、担当はボーカルをしていました。

しかし、高校2年生の夏、そんな日々が変わる大事件が起こります。実の弟が、富士の樹海に行方不明になりました。無事、三日後に命ある状態で戻ってきましたが、人生の先が見えずに自ら失踪したとのこと。家族もパニックになり、弟と何度も今後のことを何度も話し合った後、「人生をやり直すために、勉強をして偏差値の高い大学に行きたい」本人から聞けた、たった一つの前向きな言葉でした。妹の受験も重なり、裕福ではない家庭環境でしたので、兄の私が弟の学費を工面することを決意。高校3年生からアルバイトと学業漬けの毎日に切り替わりました。この経験を通してから、他の人のために働ける、悩んでいる人をサポートできる仕事に就きたいと考え、部活動の怪我で悩み、整骨院に通っていた経験もあり、心身ともに治療することのできる治療家への道を目指すことになりました。

高校卒業後、専門学校に入学し整骨院で修行しながら、昼は学業に励み、週に3日は夜勤で工場に勤め、年に100万円を弟の学費に、余ったお金は治療の学習教材にほとんど費やすという狂った3年間の学生生活を過ごします。私は、国家試験に一発合格!と同時に、弟も立教大学の入学も決まり!勉強のしすぎで視力が2.0→0.01になった弟と涙を流し抱き合ったのを覚えております。

上原プロフィール家庭の環境も落ち着き、専門学生時代から、将来的に早く独立して自分のお店を出したい気持ちが強く、手技の勉強に没頭する毎日を過ごしていたのですが、修業先の恩師が花谷先生の会員であり、花谷先生のセミナー資料を大量に拝見させていただきました。
たくさんある教材は私の理想を体現した内容で「これだ!こんな治療家に僕はなりたい!」私は魂が震えました。通勤、移動時間は全て音声教材を聞き、毎日花谷先生のブログを読み、セミナーも参加し、オススメされた書籍を買い漁る毎日を過ごし、「この人の下で働いてみたい!」けれど、怖くて決断できないというジレンマに陥り、何を勘違いしたのか私は開業を目指します。
恩師と衝突し、親にも反対され、バランス整骨院の卒業した先生にも止められるも、準備を進めていたある日、花谷先生から求人のメールが届いたのです。
その時、本当にスッと我に帰り、二つ返事でバランス整骨院に入社をお願い致しました。メールに一番驚いたのは私ですが、メールを応援してくれたのは恩師と両親で。今は、自分の軽率さを笑いつつ、沢山のご縁の積み重ねによって現状に繋がったことに深く感謝しております。このご縁を無駄にしないよう、一人でも多くの患者様に喜んでもらえるよう、バランス整骨院の皆様のお力になれるよう、精一杯、全力を尽くしていきたいと考えています。
皆様どうかよろしくお願い致します。

story17上原 隼斗

バランス整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel048-487-5929

Tel048-487-5929
タップして電話する

埼玉県志木市館2丁目7-2 ぺあもーる1階
東武東上線 柳瀬川駅西口徒歩1分

ページトップへ戻る