プロフィール

総院長 花谷博幸ストーリー

を五体満足に生んでくれた両親に感謝します。私がこうして日々楽しくエキサイティングな人生を歩めるのも、両親が私を健康的に育ててくれたことだと思っています。私は2750g仮死状態で生まれました。母は妊娠中にドクターより「危ない」と宣告されていたそうです。

hh_prof01私がこの仕事に就くことになったのは学生時代陸上競技をしていた事に由来します。その頃はケガが絶えなく富士見市内の接骨院や整形外科によく通っていました。特に勝瀬中学校時代は記録も出ず、悩み多き少年時代でしたが、高校に入ると身長も体力も向上し、記録も順位も上がり、友人も多く、青春時代を謳歌していました。

高校時代、父に連れられ都内の治療院に行き、師匠と出会いました。最終的にこの仕事への決心はその師匠に対する憧れからでした。

hh_prof02その後、ある縁で中国に中国医学を学ぶため3年間行く事になり、山西省という埼玉県との姉妹都市に留学。留学して半年後には病院内研修という日本人の全くいない環境に置かれ臨床学習を行いました。言葉も解らない状態から担当患者を持つまで、あの3年間は本当に勉強しましたし、貴重な時間でした。特に鍼灸、漢方、最後は心臓まで中国でも最高峰の先生方とマンツーマンで研修できた事は今も大いに役立っています。

帰国して鍼灸専門学校に3年間、国家資格も一発合格して鍼灸師となりました。実は学生の頃から開業はしており、今でもその頃からの患者さんに私は育ててもらっています。

99年、3回目に移転した治療院で、移転2カ月目に火事が階下から起こり、治療院は全て煙でいぶされ長期休業に追い込まれしました。あの時、消防士に「貴重品を持ち帰ってください」と言われ、私は現金とカルテ、妻は入り口にあったスリッパを持ち帰ったのです。なぜスリッパだったかと言えば、彼女が初めてのテナントの治療院作りの際、最後まで悩んでいたのがスリッパ選びだったからでした。

hh_prof03 hh_prof04

どんな不幸も過ぎれば伝説となるものです。最近ではセミナーネタの鉄板です。

開業当初の約7年間は患者さんが本当に来ない、たった一人の貧乏治療院でした。それでも自分を信じ、師に学び、技術や人間力の研鑽をし、帰国後は月20冊読書とアイデア夢ノート(現在57冊)の継続をノルマとして行ってきたことが今の発展につながっています。

2003年、治療院運営が安定すると、全国のプロの治療家、院長先生に対して経営や治療術を指導する研究会を立ち上げ、現在治療業界で最も大きい研究会を主宰するようにまでなりました。(想像つかないと思いますが・・)そのため全国各地で学習意欲の高い院長達に既にのべ数万人へのセミナーを年間20本ペースで主催しております。書籍の出版も6冊でき、お陰様で業界ではバイブル書籍としてその存在を維持しています。

hh_prof06 hh_prof05

hh_prof072012年、小さな夢を達成しました。私が20代の頃よくナップザック1個で歩き回ったアジア大陸。特に長男が生まれた時に決めた夢。それはインドを二人で旅をすること。やっと小学校高学年になり、あの頃同様に二人で世界最貧困スラムを歩いてきました。強烈な体験として彼に世界を見せることができ、旅のスキルこそが生きるスキルだと教えてきました。また先ですが、次は次男です。

2013年、20年営んできたみずほ台のバランス研究所を閉じ、今まで分院であった柳瀬川にあるバランス整骨院にて診療をすることになりました。葛藤がなかったわけではありませんが、次に進むために決断をしました。

業して20年を過ぎ、いつの間にかスタッフも増え、はただ、業界をリードし、義のある後進を育成し、夢を語れる男になれるよう行動し続けることだと思っています。そのためにも自分の活動の中心である、このバランス整骨院は試行錯誤を繰り返しながら、業界でリスペクトされる治療院にしていきたいと思っています。
チームバランスは、日本トップレベルの治療とサービスの提供と、気楽に通える明るく笑いのあるフレンドリーな治療院を目指します。柳瀬川のこの地に、街のオアシスとして存在できることを目指していきます。

どうぞ今後とも末永くご愛顧よろしくお願いします。

チームバランス代表 花谷博幸story17

 

 

副院長 塚本健雄ストーリー

tukamoto1はじめまして、岐阜県各務原(かがみがはら)市出身の塚本タケオです。 私は妹との二人兄弟の長男として育ちました。小さい頃から体を動かすのが大好きで、小学生の頃はサッカーで全国大会にも行きました。高校の頃はTV番組「ダンス甲子園」を観て憧れて始めたストリートダンスに没頭。

ある時ダンスで膝を痛め、接骨院を受診しました。そこで見たものは、ニコニコ笑いながら次々と患者さんを治していく先生の姿。そして「ありがとうございます」と喜んで帰っていく患者さん。
またダンスを行っていた為、体の動きには非常に興味がありました。ようやく見つけた自分のやりたい事。私の人生が決まりました。治療家になろうと。こんなに多くの人に喜ばれる仕事は他にはナイ。
しかし、その時既に土木科の大学院まで進学していました(特に志もなく、ただただ進学してしまった、典型的なダメ学生でした)。治療家になる夢を父親に話した所、当然猛反対。「大学院まで進学しておいて、いまさら全く関係のない仕事を選択するなんてお前はバカか!」と。返す言葉も有りませんでした。

tukamoto2ちなみに接骨院の先生になる為には3年間専門学校で学ばなければならず、その学費はざっと500万円。当然今更親に学費の工面を頼める訳がありません。そこでその専門学校の学費と、3年間の学生生活で必要となるであろう生活費を貯める為に、大学院をとりあえず卒業し、まずはトンネルの型枠会社に就職して設計の仕事をしながらお金を貯めました。ちなみにトンネルの型枠は大きいもので直径20m以上になるモノも。
そして一人暮らしをしながら、4年間で1000万円を貯めました。その4年間は何度も父親を説得し、最終的にはその預金通帳を父親に見せ、渋々ですが納得してくれました。

tukamoto3そしてようやく専門学校に入学。そして学校卒業後は名古屋の整形外科では有名な樋口整形外科に5年間勤務し、主に外傷の勉強をしました。

しかしこのまま接骨院を開業しても、上手くいく自信がまだ持てず。そんな時、専門学校時代の先輩:渡辺孝治郎先生が花谷先生の一番弟子であった事もあり、渡辺先生の御縁でバランスに入社させて頂ける事になりました。

バランスでの修行は厳しく嫌でも自分のコンプレックスを直視してしまいます。花谷先生との対話の中で私の場合、いまだに父親を許せていない自分に気付かされました。思い返せば、ダンスも治療家も徹底的に否定はされた過去がありました。
しかし強制的に止められたわけでもなく。渋々ながらも許可してくれていたのです。つまりやりたい事を全てやらせてくれていたのです。とっくに父親は自分の事を認めてくれていたのに、自分が勝手にいつまでたっても父親から認められていないと勘違いしていただけ。
その事を花谷先生に指摘された時は、あまりの情けなさに思わず涙が。それに気づかせて貰った翌日、父親には今まで申し訳なかったと手紙を書きました。そして今では父親も治療家という仕事も応援してくれるようになりました。

憧れる治療家にようやくなれた今、患者さん皆様の為にも精一杯頑張ります。そして地域ナンバー1治療院であるバランス整骨院で仕事するからには、来院して頂いた患者さん全てにニコニコ笑いながら来て良かったと喜んで貰える様に全力で尽くさせて頂きます。

皆様、どうか宜しくお願い致します。

塚本健雄story17

 

内田篤史ストーリー

ua_prof01初めまして、練馬区平和台出身の内田篤史です。私は姉と二人兄弟の長男として生まれました。私は5歳になるまで、当時は東村山市という所に住んでいました。あまり当時の記憶はありませんが、その時両親が離婚し、私と姉は父親に引き取られる形で練馬区の平和台に引っ越してきました。当時父親は家事も料理も全くできませんでしたが、それでも仕事をしながら今では家事、料理を作ってくれた父親に感謝しています。

小学校に入学した時担任の先生に「学校では私を母親だと思って何でも相談してね」と言われ、卒業するまで先生にお世話になったこと今でも感謝しています。小学校では野球。中学校、高校では父親と姉の影響でバスケットボール部に入部。高校の部活では一年生は坊主にするという伝統があり例外なく私も坊主になりました(笑)。高校の部活はとにかく厳しく、休みがほとんどなかったですが忍耐力が付き精神的に強くなれました。部活で怪我をしたのをきっかけに接骨院に通うことになり、そこの先生は治療以外にも学校や部活の悩みを親身に聞いてくれてそんな先生になりたいと思うようになったことがこの業界を目指すきっかけとなりました。

ua_prof02高校卒業後、地元に古くからある柔整学校の名門東京柔道整復専門学校へ進学。三年間の勉強を経て無事に国家試験も合格し、晴れて柔道整復師になる事が出来ました。卒業後はこの業界では知らない人はいないと言われている花谷先生の下、ここバランス整骨院に入社することが出来ました。初めての社会経験、知らない事ばかりで、仕事というものがどんなものなのか、バランスで基本的なマナーから始まり、仕事と業務の違い、親切の基準など様々なことを学ばせて頂きました。またバランス整骨院では花谷先生の下で年間20本を超えるセミナーサポートをさせて頂き、治療技術、経営知識、人間学までいろいろなことを学ばせて頂いております。

まだまだ未熟で至らないことばかりの私ですが、ここバランス整骨院で患者さんの支えになれるような治療家を目指し勉強させて頂き、将来は独立開業をして治療だけでなく患者さんの悩みにも耳を傾けられる、世の中に社会貢献できるような治療家になります。皆様どうかよろしくお願いします。

story17内田篤史

バランス整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel048-487-5929

Tel048-487-5929
タップして電話する

埼玉県志木市館2丁目7-2 ぺあもーる1階
東武東上線 柳瀬川駅西口徒歩1分

ページトップへ戻る